診療内容 - インプラント治療

インプラント治療

歯をよみがえらせるインプラント治療

インプラントには、もともと医学用語で「植立する」という意味があります。失われた場所に、歯根の代わりになる人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法を「インプラント治療」といいます。
インプラントは「第2の永久歯」と言われるほど、機能的にも、見た目にも天然の歯に最も近く、最近インプラント治療を受ける方が急速に増えています。

当院では、30年以上のインプラント治療の実績があります。

インプラント治療動画

インプラントの埋入:2回法における1次手術
インプラントの埋入
2回法における1次手術
インプラント連結部の露出:2回法における2次手術
インプラント連結部の露出
2回法における2次手術
固定式アバットメントを用いたセメンティングクラウンの装着
固定式アバットメントを用いた
セメンティングクラウンの装着

インプラント治療

両側の健康な歯は削りません
抜けた所へインプラントを埋め込み、人工の歯を取り付けます。
見た目にも自然です。
歯のない所へインプラントを埋め込みます
入れ歯と違って金具が見えず天然の歯のようにかむことができます。残った歯にも負担をかけません。
総入れ歯でも固定できます
インプラントを数本埋め込み、入れ歯を固定します。
天然の歯のように食事が楽しめます。

インプラント手術の方法

1回法手術

1回法手術とは、フィクスチャー(インプラントと骨との結合部分)とアバットメント(人工歯冠を取り付ける部分)が一体となっているワンピース・インプラント(単品)を埋入する手術です。従って、口腔内にアバットメントが露出します。

インプラント手術の方法 1回法
2回法手術

フィクスチャーとアバットメントが別々になったツーピース・インプラント(2つの部分からなる)を1回目の手術でフィクスチャーを骨に埋入し、完全に歯肉で覆います。その後、オステオインテグレーションが獲得された時点で、2回目の手術で、フィクスチャーの上部ネジを外し、アバットメントを取り付けます。
なお、ツーピース・インプラントは1回目の手術にアバットメントを取り付ければ1回法手術になります。

インプラント手術の方法 2回法

インプラント治療のステップ

STEP1 診査診断とインプラント治療計画

模型やレントゲンなどによる十分な診査診断し、治療計画について詳しく説明を行います。
当院では、CT(断層写真撮影)等による正確な診断、治療計画を立案し、痛くなく安全に施術しております。

CTによる3次元解析診断(iCAT)
CTによる3次元解析診断(iCAT)
クリックすると拡大します
CTによる3次元解析診断(10DR)
CTによる3次元解析診断(10DR)
クリックすると拡大します
STEP2 インプラント手術

インプラントを埋め込んだ後、顎の骨にしっかりと結合するまで2~6ヶ月ほど待ちます。
※骨の状態など、様々な条件により異なります。

STEP3 人工歯の取り付け

インプラントの上に土台を取り付けて、その上に人工歯をかぶせます。

STEP4 メンテナンス

インプラント治療後は、正しいホームケアを行うとともに、先生の指示に従った定期検診(ドクターケアとPMTC(専門的な清掃))が必要です。

当院の歯科衛生士です
当院の歯科衛生士です

インプラント症例

症例はこちら

インプラント治療Q&A

手術は痛かったり、腫れたりしませんか?
一般的に抜歯する程度の痛みです。多少の痛みや腫れを生じる場合もあります。
治療期間はどのくらいかかりますか?
手術方法が1回法か2回法かによりますが、3~5ヶ月程度です。
インプラントの噛みごこちは?
自分の本当の歯とほぼ同じような感覚で噛むことができます。
誰にでもインプラントは可能ですか?
顎の骨の大きさや形状により不可能な場合があります。
また、きちんとブラッシングのできない方は、不適応となります。先生にご相談ください。
何才くらいまでインプラントは可能でしょうか?
一般的に成長期の患者様には行いませんが、70才以上の高齢者でも行われているケースもあります。
トップへ戻る